屋外水槽のリセット作業2(設置編「底床」)

20180626 底床の赤玉土

前回までに、水槽内を掃除して底面フィルターの設置まで進みましたので、今回は底床を敷き詰めます。

<作業その6 ~底床には硬質の赤玉土を!>

今回、底面フィルターを使うことにしましたので、フィルター役(ろ材)を担ってもらう底床素材の選択の際にはちょっと考えました。

趣味にお金をかけない私の選択肢は、安い赤玉土しかありません。ただし、普通の赤玉土ではなく、硬質タイプの赤玉土です。粒が崩れにくいように特別に焼成加工してあります。13Lで500円台だからソイルよりも割安です。

物理ろ過のためにろ過マットを敷きました
物理ろ過のためにろ過マットを敷きました
水切りネットに赤玉土を入れ、ユニット板上に乗せます
水切りネットに赤玉土を入れ、ユニット板上に乗せます
20180626 底床の赤玉土
ユニット板上に乗せた水切りネット入赤玉土の上に、さらに赤玉土をかぶせていきます
飼育水とカルキ抜き水道水を注水直後の濁った状態

そして、底面フィルターのユニット板上の底床(赤玉土)に厚みをもたせるため、見切りネットに赤玉土をいれて積み上げます。通水性が高いところの底床に厚みを持たせることで、溶酸素量が豊富な飼育水を通水させて大量のバクテリアを維持するんです。水草にとっても最高でピカピカの飼育水になるはずです?

最後に、リセット前に取り置きしておいたバクテリア入りの飼育水を注水しました。水槽の半分ぐらいが目安でしょうか。残り半分はカルキ抜き水道水を注水します。あと、初めての試みですが、ほんの少しだけグリーンウォーターも入れました。理由は、動物性バクテリアの餌になると思ったからです。

あとは水草と生体のミナミヌマエビを入れるだけですが、その前に1~2日は底面フィルターを空運転させて、完全に濁りを取り去ります。

 

それにしても、ちょっと底床(赤玉土)に厚みをもたせ過ぎました。煙突パイプ周辺でたぶん厚みが10cm弱もあるかも…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

ソイルよりも硬い!?硬質赤玉土とは 20180613

20180613 硬質赤玉土 小粒 3-5mm

上の写真、大量のジャガイモに見えるのは私だけ!?

さて、屋外水槽を立ち上げるための赤玉土が足りなくて、近所のホームセンターで赤玉土を購入してきました。普通の赤玉土ではなく、粒の硬い「硬質タイプ」の赤玉土です。

この赤玉土は天日で乾かせば乾かすほど固くなる性質があります。
「この赤玉土は天日で乾かせば乾かすほど固くなる特性があります。」
その硬さは水に漬けても戻りません。
「その硬さは水に漬けても戻りません。」

さらに、天日に干せば干すほど硬くなり、水に浸かってもその硬さは変わらないというからスゴイ赤玉土です。通常の赤玉土はその粒が崩れやすいため、泥と化して酸素を含んだ水の通水性が悪くなり、バクテリアの繁殖効果がソイルに劣ってきます。

今回、赤玉土の粒は3~5mmの小粒にしました。中粒だと粒のすき間に針子(メダカの稚魚)が入り込んで脱出できなくなってしまい、生存率が下がると思ったからです。ソイルの粒よりは大きいです。

硬質赤玉土とソイルの比較

また、この硬質赤玉土は、乾燥した状態の粒を指で押しつぶした感触と、いつも使っているソイルの粒を押しつぶした感触とを比べると、明らかにこの硬質赤玉土の方が硬いんです。つまり、この赤玉土で底面フィルターをやっても通水性が長期間維持できるため、バクテリアによる生物分解による優れた飼育水になると思っています。

これから夏に向けていくつか屋外水槽を立ち上げるつもりなので、この硬質赤玉土を1袋(13L)537円で買いました。ミネラル分を含んでない分と粒の形状が丸くない分はソイルより性能は劣るけど、コスパ重視にしました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

20180416 我が家のミナミヌマエビがかなり減っていた

20180416 赤玉土の上をうごめくミナミヌマエビ

こんにちは。

昨日、屋外の発泡スチロール水槽内を掃除したんですが、パッと見た感じミナミヌマエビの総数が減っているような気がしました。

基本的には屋外で日光に当たっているので水替えはせず、足し水で乗り越えてきました。底床には赤玉土を入れているけど、立ち上げから4か月以上経過しても底床の掃除はほとんどしたことがありません。赤玉土の粒は思った以上につぶれていないのですが、ミナミヌマエビたちの糞が溜まっているようでした。糞がたくさん溜まっているということは生物分解が遅いということで、もしかしたら見た目以上に水質が悪化していたのかもしれません。ちなみにpH値を計測するなんてことはしていません。

また、ウィローモスを水中にびっしりと浮かせていたので、水草としての量も度が過ぎていたのかもしれません。つまり、底床の赤玉土自体にも日光が当たらないとバクテリアが増殖しにくいのかも。

いまのところ想定される問題点は、水槽のサイズとミナミヌマエビたちの数のバランスがつり合っていなかったこと。厳密に言えば、ミナミヌマエビたちによる糞、餌の残りカス、脱皮の抜け殻等を生物分解できるだけのバクテリアが足りなかったということ。ちなみにミナミヌマエビ同士の共食いというのは聞いたことがありません。そりゃあ、水槽のサイズが小さければ赤玉土も少ないので、バクテリアも増えないわけですね。

それに、さらに大問題が発覚し、赤いミナミヌマエビが1匹もいなくなっていたのです。黒いミナミヌマエビも2匹いたのにいなくなっていました。赤いミナミヌマエビがいなくなってしまうと、そのために栽培している赤軸ほうれん草も役割がなくなってしまう。

う~ん、そろそろまたミナミヌマエビを捕獲してこないと…

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

20180410 底床にした赤玉土の粒は意外と崩れないかも

20180409 屋外水槽のミナミヌマエビ

こんにちは。

久しぶりに屋外の発泡スチロール水槽の底を覗いてみました。

底床には赤玉土を敷き、水草にはウィローモスをジャングルのようにして入れています。水中が真っ暗になるぐらいウィローモスをびっしりにしているので、写真のようにウィローモスをかきわけないと水底の赤玉土とミナミヌマエビたちが見えません。また、このウィローモスをかきわけるとき、稚エビがワラワラと移動するんで、かなりの数の稚エビがいるのが予想できます。

さて、写真はミナミヌマエビ専用屋外水槽の底床にした赤玉土なんですが、意外と崩れていません。赤玉土は小粒タイプを入れています。たしか昨年12月に入れたので、もう4か月以上は経過しています。赤玉土は1~2cmぐらいの薄敷きにしているし、水深もかなり浅くて20cmぐらいです。

もし、屋外で底床面積の広い水槽でミナミヌマエビを飼育するなら、コスパがいい赤玉土をおススメしますね。園芸店やホームセンターには必ず置いてありますが、できれば「硬質タイプ」と明記されているものがいいです。1袋13~15Lですが、250~300円で購入できます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

20180310 ミナミヌマエビが赤玉土の水槽で元気な理由

20180310 底床赤玉土で生きてるミナミヌマエビ

こんにちは。

ちょっと見にくいけど、写真は我が家の屋外水槽で赤玉土の上を歩くミナミヌマエビです。

メダカ飼育の際のビオトープと同じで、赤玉土を底床にすると、ソイルと同様にバクテリアが繁殖しやすいんでしょうね。大げさなろ過装置や頻繁な水替えは必要ありません。日光、赤玉土、水草、生体、酸素があれば十分です。私の場合は、屋外でミナミヌマエビを繁殖させてみたかったのでヒーターを沈めていましたが、エアレーションさえしていれば真冬でもほぼ放置でOK。日本の湖沼や河川で生き延びるミナミヌマエビは丈夫ですからね。

赤玉土はソイルと同様、かつ砂利と違って、ミナミヌマエビやメダカなんかにとって有害な物質を吸着してくれるようです。また、赤玉土は糞や餌の残り、水草の残骸や生体の死骸などを分解してくれるバクテリアの住処にもなっているようです。

赤玉土のメリットは安価であること。ソイルは8Lサイズで1500円以上しますが、赤玉土は硬質性のものでも14Lで300円以上といった感じでホームセンターで手軽に買えます。赤玉土の弱点は、ソイルに比べて崩れやすいこと。硬質タイプの赤玉土も売っていますが、それでもソイルに比べるとちょっとね。

崩れるということは泥状になるということなので、酸素を含んだ水の通水性が悪くなるということ。つまり、酸素を必要とするバクテリアが減るということなので、水が汚れやすくてニオイを発することになるわけです。

底床に赤玉土を使うにしても、硬質タイプを選びましょうね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。