産卵した赤いミナミヌマエビは順調です【画像あり】20180808

20180808 産卵した赤いミナミヌマエビ

我が家の数少ない貴重な赤いミナミヌマエビが産卵したんですが、いまのところ順調です。上の画像の個体の産卵は、先週後半に気づいたので孵化はまだ2週間以上先です。

赤いミナミヌマエビを産卵させたことはあっても、赤い稚エビになったことはありません。今回の産卵は、赤い個体だけを入れた水槽での産卵になりますので期待してるんです。

孵化するまでに注意すること

ミナミヌマエビの卵は、産卵直後は黒っぽいのですが、徐々に色が薄くなっていきます。そしたら孵化します。ただし、卵が孵化前に落ちてしまうと、そのまま逝きます。また、親エビが脱皮してしまったら、一緒に卵も落ちるので逝きます。

産卵(抱卵)したら、急激な水温や水質の変化で親エビが脱皮しないように、極力水換えは控えるようにしましょう。

稚エビになってからの課題

この赤いミナミヌマエビの子が稚エビになったらの課題は、稚エビの餌になる苔の繁殖です。稚エビはウィローモスやガラス面に生えた苔をよく食べるので、なるべく光合成しやすいように照明時間を長くしたいんです。ところが今回の台風13号が去った後、また猛暑が戻ってくると水温が上がりっぱなしになるので、照明時間を減らさないといけなくなります。我が家の水槽の照明はLEDではないので悩みどころです。

 

ここ数日は、台風13号の影響で水温が24~26℃と具合のいい感じなので、悪天候は嫌だけどもう少し涼しい日が続いてほしいです。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

赤いミナミヌマエビが産卵したけど卵が少ない!? 20180803

上の画像、産卵してますよね!?

かろうじて確認できた赤いミナミヌマエビの産卵です。卵の数がかなり少ないので、けっこう不安です。栄養が足りないんでしょうか!?

私の当面の最優先目標は、赤いミナミヌマエビの繁殖です。ここ最近は水温が27~28℃と高めだったので、夏バテにならないか心配ではあったんです。まあ、なんとか産卵してくれました。

無事に孵化してくれれば、たぶん赤い個体の稚エビになると思うんです。こいつらは河川で捕獲してきてから日数がだいぶ経過しているので、交尾はこの水槽でのはずなんです。あとは卵の数が少ないのが懸念されるけど…

 

そうそう、ミナミヌマエビの卵の数といえば、野生のミナミヌマエビって産卵すると、どれもお腹パンパンに抱卵してるんですよね。

20180507 スーパーヘビー級なミナミヌマエビ
↑5月頃に捕獲したミナミヌマエビ抱卵個体。

↑コイツ見てくださいよ。卵300個以上はありそうでしょ。目の色といい体色といい、卵の色といい、泥の中にいただけのことはあります。発泡スチロール水槽内で孵化した頃には、体色は透明になりましたけど…

我が家の赤いミナミヌマエビたちも、これぐらいは産卵してほしいんですよね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

ミナミヌマエビの産卵数は卵巣の成長具合で変わる 20180606

20180606 赤いミナミヌマエビ

ミナミヌマエビの産卵って、いったい一度にいくつの卵を産卵するんでしょうか?

当然ながら個体差はありそうなもんですが、飼育中の産卵と自然環境での産卵とでは、あきらかにその卵の数に差があります。自然環境下での産卵の方が、卵の数は圧倒的に多いです。

ミナミヌマエビは冬の間に卵巣を大きくさせると聞きます。飼育していると、冬はヒーターで水温を常時25℃前後んするため、卵巣が未成熟でも産卵してしまいます。よって、産卵シーズンでも未成熟な卵巣で産卵することになるわけです。当然、冬から飼育しているメスのミナミヌマエビは、産卵時の卵の数は少なくて当然かもしれません。自然環境下では、冷たい水の中でじっとしていますから、卵巣なんて使いません。

写真の赤いミナミヌマエビも冬から我が家の水槽にいますので、抱えてる卵の数は少ないです。

ミナミヌマエビを冬に産卵させると嬉しいもんですが、自然の摂理に反した人間の都合による産卵なので、それなりの反動はあるということですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

ミナミヌマエビの産卵数は季節により違うの? 20180423

20180423 ミナミヌマエビの抱卵個体

ミナミヌマエビの産卵数って、季節により違うのでしょうか?

昨年10月からミナミヌマエビの飼育をはじめまして、手探り状態で今年1月にはなんとか産卵させたんです。正確には数えていませんが、1~3月で10匹以上抱卵させ、300~400匹は孵化させたと思います。

ところがつい先日、ミナミヌマエビ専用の屋外水槽にいる抱卵個体を確認したら、1匹の抱卵個体でかるく50個以上の卵をかかえている個体がほとんどなんです。(上の写真のとおりです。)冬の季節にヒーターで水温を上げて産卵させるのと、春夏になって産卵させるのとでは、時期の違いで卵巣のサイズも違うので産卵数に大きな開きがでると、誰かのブログで読んだこともあります。

たまたま私がミナミヌマエビの産卵数が季節により異なるって感じただけなんですが、本当にそうなんでしょうかね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。