水温30℃のバケツ水槽でも元気なメダカたち 20180717

20180717 水温30℃で泳ぐメダカ

水温が30℃になっても元気なメダカたち。

毎日、餌もパクパク食べてくれます。

メダカ水槽なら水換えは必要ないと思うんですが、1日2~4回も餌を与えているし、12匹が8Lサイズの小さいバケツで泳いでるので、2週間に1回ぐらい約半分の水換えをしています。

ちなみにバケツの中のアナカリスは順調です。ただし、ホテイ草は溶け始めています。私、ホテイ草を育てるのが下手なようなので、このバケツのホテイ草が最後です。

そして、ここのメダカはすでに産卵してるんですが、卵がどこの水草にくっついてるのかわかりません。見つけると別容器に分けないといけないから面倒だし。あ~、そうそう、このバケツに1匹だけミナミヌマエビが紛れ込んでたんですが、なんかメダカの卵を食べてたような気がするんです。もちろん卵のようなものをミナミヌマエビが食べているところを発見したときにバケツからは出しましたが、ミナミがメダカの卵を食べるなんて初耳です。見間違いかもしれないし。

それにしてもメダカはミナミヌマエビ以上に丈夫ですね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

針子から育ててきた白メダカ?が抱卵しました 20180704

20180704 バケツビオトープで泳ぐ白メダカ

孵化したばかりの針子(メダカの稚魚)をいただいてから早3カ月。

今朝、1匹だけ抱卵しているのを発見しました。ところが動きがすばやくてお尻に抱卵しているところを撮影できませんでした。

見たところは透明な卵なので、有精卵ではあるようです。ただ、毎度言いますが、メダカを増やすときっていちいち飼育容器が増えていくのがちょっとね。それでも我が家にはグリーンウォーターの種水がありますので、針子に餌を与えることをしなくていいことだけは楽かも。

また、抱卵したメダカは白いので白メダカだとは思うんですが、頂き物のメダカなので確かなことはわかりません。たとえば、白メダカと青メダカの間に生まれた子は何メダカなんだろう!?そんなメダカが産卵したのかもしれませんしね。 私の場合は、ミナミヌマエビ飼育が中心でメダカにこだわりはないので深くは気にしてませんけどね。

一つ心配なのは、新規で立ち上げたバケツに移し替えて日も浅いので、まだバクテリアが繁殖していないはずなんです。卵を水草にこすりつけて、カビて白くならないかが心配ですね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

メダカたちの100均バケツビオトープ

20180630 バケツビオトープでメダカ飼育

わざわざブログで紹介するほどのことはないかもしれません。グリーンウォーターで飼育していたメダカの幼魚たちを引っ越しさせました。

100均バケツに赤玉土を入れ、ホテイ草とアナカリスを放り込んだだけのなんちゃってビオトープです。そもそもビオトープと呼んでいいのかも怪しい。

とりあえずこのバケツビオトープに入れるメダカは、体長2cm前後のメダカが13匹だけです。白メダカ?青メダカ?ヒメダカ?勉強不足で種類がよくわかりません。針子から飼育していた頂き物のメダカの幼魚です。

水温上昇で酸欠にさえしなければ、問題なく成長してくれるはずなんですけど、このバケツビオトープの涼しそうな置き場所がないか探してます。

それにしてもメダカは親たちと稚魚を別々の飼育容器に入れ直したり、育ってきた稚魚も定期的にサイズ別に飼育容器を分けたりと、とにかく小さい飼育容器が増えるのでけっこう手間かかりますよね。私の場合は、ミナミヌマエビ飼育だけではネタ不足になりがちなのではじめたメダカ飼育なので、あまり手間はかけるつもりなかったんです。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

抹茶みたいに濃くなり過ぎたグリーンウォーター 20180627

20180627 濃くなり過ぎたグリーンウォーター

なにもしてないせいかグリーンウォーターの種水が濃くなりすぎました。

この容器のグリーンウォーターは、メダカの稚魚に使う種水なので多少濃くてもいいと思ってたのですが、まるで抹茶のように濃くなりました。

水中にいるメダカは見えず、水面から1cmぐらいまで登ってきたときにようやく見えるぐらいの濃さです。この種水容器にはメダカの幼魚(2cm弱)が8匹ぐらいいるんですが、針子のときから1匹も死んでません。いいかげんそろそろバケツに引っ越しさせようかとは思ってますが…。

メダカの幼魚8匹を出してしまうと、糞がなくなるからグリーンウォーターが薄くなるような気もするんですよね。

 

すいません、今日はネタがなくて…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

黒メダカのメスが無精卵を抱えている 20180621

20180621 無精卵をかかえた黒メダカ

上の写真は、今日撮ったメスの黒メダカが無精卵を抱えてる様子です。

我が家の黒メダカは、現在メスが1匹だけです。

つまり、このメスの黒メダカがお腹に卵子をかかえても、そこに精子をかけるオスがこの飼育容器にいませんので、写真のように白く濁った無精卵になってしまうわけです。当然、無精卵では孵化しません。

早くオスの黒メダカを獲ってこなければ。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

え!?もう黒メダカの孵化が始まったようです 20180614

20180614 黒メダカの稚魚(針子)

タイトルどおり、もう黒メダカの孵化がはじまりました。

産卵(抱卵状態)を目視できてから3日目に孵化が始まるなんて早すぎるような気もしますが、いまの季節はそんなもんなんでしょうかね。

先日、親メダカ3匹中2匹が逝ったばかりなので、残り1匹しかいません。この残り1匹に針子が食べられてしまいますので、さっそく100均で調達した小さいタッパーにグリーンウォーターを入れて、卵のついたアナカリスとホテイ草、そして孵化したての針子4匹をいれて親メダカとは分けました。

 

それにしても、最近はミナミヌマエビの記事更新が減りました。水槽が安定してくると、これといってミナミヌマエビ関連の新鮮なネタがでてこないんですよね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

産卵直後の黒メダカ2匹がご臨終… 20180612

産卵直後ですが、黒メダカのメス1匹、オス1匹が永眠されました。

黒メダカは、メス2匹とオス1匹の合計3匹だけを捕獲してきて飼育していたんですが、昨日産卵したばかりで、今朝には飼育容器の中のアナカリスやホテイ草に卵をこすりつけて身軽になった矢先です。

つい先ほど、餌を与えても1匹しか水面に上がってこないので不思議に思ったら、2匹が底に沈んでました。いまのところメス1匹だけ残っています。

なんとか水草にくっついた卵は確認できているのですが、メダカは産卵直後に力尽きるような魚でもないはずなので、私の用意した飼育環境が悪かったかもしれません。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

黒メダカが産卵しました 20180612

20180612 抱卵中の黒メダカ

おはようございます。

先日捕獲してきたばかりの黒メダカが産卵しました。

メダカの稚魚をいただいたことはありますが、産卵させたのは初体験です。産卵させたというよりは、勝手に産卵してくれたって感じですけど。

写真のとおり、まだお尻にたくさん抱卵しているので、しばらくしたらアナカリスにこすりつけると思います。とりあえずグリーンウォーターの種水はありますので、稚魚用に100均で容器でも買ってきて孵化させます。

メダカの成魚は、稚魚を食べてしまいますから、成魚を別容器に引っ越しさせるか、卵のついた水草を別容器に引っ越しさせるのが一般的です。私は、生存率を上げるため稚魚をグリーンウォーターで飼育するので、卵のついた水草(アナカリス)をグリーンウォーターを入れた別容器に引っ越しさせます。

ミナミヌマエビなら親が子を食べることはないので一緒の飼育容器でいいのですが、メダカは親子を分けないといけませんし、稚魚たちも成長具合によりサイズ別に飼育容器を分ける必要がありますので面倒に感じます。

メダカを産卵させすぎると、自分の首を締めそうだ…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

野生の黒メダカ飼育を始めました 20180530

20180530 黒メダカ1

野生の黒メダカ飼育をはじめました。

メダカの捕獲はミナミヌマエビのように簡単にはいかず、たったの3匹ですがけっこう苦労しました。とにかく素早いんで、見えてるメダカを網で獲るのは至難の業です。

黒メダカとは

黒メダカは、アクアリウムショップなどで販売されている品種改良された観賞用メダカたちの原種ともいわれているメダカです。黒メダカという名称ではあるけど、その体色は黒くはなく、茶色をしています。実際に黒色のメダカは品種改良メダカなんです。やるからには繁殖や越冬もさせてみたいので、丈夫そうな野生の黒メダカの飼育を選択しました。

20180530 黒メダカ2

バケツビオトープで飼育予定

いまのところは黒メダカ3匹しか捕獲できていないので、100均のプラ容器に赤玉土を敷いているだけです。近いうちに黒メダカのために、バケツでなんちゃってビオトープを作ろうと思います。大きな睡蓮鉢もあるんですが、初心者の私には100均のバケツがちょうどいいかと。

黒メダカは、ミナミヌマエビのように個体毎に異なる保護色をもっているわけでもなさそうなので、私にとってはミナミヌマエビのようには楽しめる生体でもなさそうです。あくまでもミナミヌマエビ飼育に役立つ知識を得るための飼育になりそうです。ただ、可能な限り繁殖をさせて、越冬までは経験してみたいですね。

近所のアクアリウムショップには、品種改良されたキレイなメダカがたくさん売られていますが、私はミナミヌマエビ飼育と同様に、あくまでも野生の生体飼育にこだわってみたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

メダカの稚魚がけっこう大きくなってきた 20180510

20180510 メダカの稚魚が大きくなってきた

2月頃からグリーンウォーターの種水を作り始め、3月下旬にはいただいたメダカの稚魚も飼育し始めたんですが、そのメダカの稚魚ももはや針子から卒業したと言っても過言ではないぐらいに成長しました。正確に測っていませんが、大きい稚魚で体長1.5cmぐらいです。同じ容器内だけど、どうやら成長速度に個体差があるようです。

餌は、植物性プランクトンと自然発生している苔や藻だけです。市販のメダカ餌などは、一切与えていません。だからなのか、生後1か月半ぐらい経つのに、まだ体長1.5cmです。体長が2cm弱になったらグリーンウォーターの飼育から卒業させて、バケツで作るなんちゃってビオトープに引っ越し予定です。そうなったら、市販の餌に切り替えですね。

ということで、そろそろなんちゃってビオトープも準備を始めておかないと、非常食になるミジンコ繁殖が間に合いませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

ミナミヌマエビ捕獲中に黒メダカ?が獲れた 20180505

20180505 鶴見川上流で獲った黒メダカ

ミナミヌマエビの捕獲場を開拓しに、いつもの河川を自転車で移動しながらガサガサしてたんです。たまたま水深5cmぐらいの底砂で草が水面にかかっているところをガサガサしたら、ミナミヌマエビ数匹と一緒に黒メダカ?が網にかかったんです。上の写真がその黒メダカ?なんですが、野生なのでお腹がパンパンではありませんね。

黒メダカの特徴について

黒メダカと言えば、品種改良されたほとんどのメダカたちの原種と言われているメダカのことらしく、主な特徴は「尻びれの幅が長くて、背びれがかなり後ろに位置し、側線がなく、口が上向きになっている。」らしく、上の写真はそれらの特徴と合致しているんです。しかも黒メダカは、体色が黒色ではなく、茶色だそうで。

野生黒メダカの捕獲について

アクアリウムショップのチャームでも黒メダカは1匹30円以下で販売しているようですが、やはりミナミヌマエビ同様に野生の黒メダカを飼育した方が面白そうですから、効率的な捕獲方法を考えてみようと思い始めてます。

メダカって、ミナミヌマエビなんかよりもぜんぜん動きがすばやくて網でとれないんですよ。今回の1匹は偶然でした。やはりびんどう式ペットボトルでも仕掛けないとダメですね。5~10匹ぐらいの群れで泳いでいるのはなんども目撃しているので、なんとか野生の黒メダカを捕獲して飼育してみたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

メダカの稚魚が死んでいく原因とその予防対策 20180425

20180425 グリーンウォーター水面を泳ぐメダカの稚魚

ちょうど今の季節、メダカの卵から孵化して稚魚が生まれます。私は、メダカの稚魚をほんの数匹だけですが、ミナミヌマエビ飼育のための予知識を身に着けるために飼育しています。ですが、メダカの稚魚の飼育は思ったよりも難しくて、多くの卵が孵化してもその稚魚が死んでしまうことが多々あります。

ここでは、私が実践しているメダカの稚魚が死んでしまう原因とその予防対策を紹介しますので、初めての方に参考になれば幸いです。

原因その1 ~餌が不足で餓死している

メダカの稚魚は、孵化した直後の3日間ぐらいまでは、ヨーサックと言われるお腹についた栄養袋の養分で生きています。ヨーサックの養分がなくなると餌を求め始めるわけですが、メダカの稚魚は「針子」と言われるほど小さくて細いので、その口にはいる餌は相当小さくないと食べれません。

つまり、メダカの稚魚の飼育で餌を間違えると、餓死してしまうのです。

餌不足対策にはグリーンウォーターが一番!

私は、メダカの稚魚に頻繁に餌を与えることができないので、グリーンウォーターを作って飼育しています。グリーンウォーターは、透明または半透明な容器にカルキ抜きの水道水を入れ、ただ陽当たりのいい場所に置いてれば作れます。グリーンウォーターは、無数の植物性プランクトンが水中に浮遊している状態の水のことで、メダカの稚魚は常時この植物性プランクトンを食べられる環境にいることになるので餓死しません。

頻繁に餌を与えることができない方は、グリーンウォーターでの飼育をおススメします。

餌の残り掃除にはミナミヌマエビの稚エビ

メダカの稚魚に微粉末の餌を与える人も多いと思います。すると、食べ残しの餌が沈んでしまい、水質悪化につながることも多々あるでしょう。そこで、私の場合はミナミヌマエビの稚エビを数匹ほど混泳させて、食べ残して水底に沈んだメダカの稚魚の餌を掃除させています。メダカの稚魚とミナミヌマエビの稚エビは、お互いに攻撃しないので相性はいいですよ。

原因その2 ~エアレーションによる弾ける泡の衝撃で死んでいる

メダカの稚魚の飼育では、絶対にエアレーションが必要というわけありません。むしろエアレーションしていない人が多いと思います。ですが、私はメダカの稚魚の餌になるミジンコなどのために、水底にも酸素が溶けた水を循環させたくて、揚水効果を考えてエアレーションしています。

なお、エアレーションによって泡が水面で弾けるので、その衝撃でメダカの稚魚にダメージを与えるらしいので、エアチューブの途中をコックで中継させて、泡の量と大きさを小さく調整しています。

泡の弾ける衝撃予防対策には浮き草がいい

ただ、泡を小さくしてもその弾ける衝撃は発生しますので、泡の弾ける衝撃予防のために浮き草を水面に浮かせています。どんなに小さい泡に調節しても、泡は水面を広がり弾けてメダカの稚魚にダメージを与えてしまうらしいので、浮き草には衝撃を吸収する役割を果たしてもらってます。

 

メダカの稚魚を死なせてしまう原因とその予防対策をまとめてみましたが、生存確率を高めるにはまだまだたくさんの要素を残しています。以上、私が現在、実践している体験談でした。皆さんの参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

針子(メダカの稚魚)の様子を報告します 20180420

20180420 グリーンウォーターで泳ぐ針子たち

今日は、番外編ということで針子(メダカの稚魚)の様子を報告します。

上の写真で針子が3匹泳いでいるのは見えますか?

まだ、あまり大きくは育っていないのですが、作成中でもありますグリーンウォーターの種水容器で数匹の針子を飼育しています。ちなみにメダカの種類はわかりません。知らなかったのですが、グリーンウォーターとは植物性プランクトンの存在そのものが水を緑色にしているらしく、針子はこの植物性プランクトンを餌として捕食しているらしいのです。ということなので、餌は特別に与えていません。

それと針子を飼育しているグリーンウォーターの入った容器は、100均で購入した半透明な容器なんですが、水深は18cmぐらいにしています。また、容器内のグリーンウォーター全体に酸素が溶けた水が循環するように、いちおう軽くエアレーションはしています。よく針子にエアレーションなんか必要ないなんて言われていますが、水面近くと水底では酸素濃度が違うはずなので、針子の泳ぎにストレスがかからない程度に細かい泡でエアレーションして酸素は循環すべきかなと感じています。案の定、我が家の針子は水面付近だけでなく、水面から水底まで縦横無尽に泳いでいます。水深わずか18cmだけど…

それにしても、ミナミヌマエビの稚エビに比べて、針子の成長速度は遅いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

20180329 【番外編】グリーンウォーターの種水作り始めた

20180329 グリーンウォーター種水

こんにちは。

ミナミヌマエビ飼育には関係ないのですが、私、試しでグリーンウォーターを作り始めました。作ると言っても、日光のあたる場所に水をいれた容器を放置しているだけなんですが、まだまだ薄~い緑色なんです。

100均で買った半透明のプラ容器にミナミヌマエビ水槽の飼育水と赤玉土をいれただけなんですが、2月初旬の寒いときから足し水だけで屋外放置していました。

出来上がったグリーンウォーターを何に使うかといいますと、メダカの稚魚専用の飼育水を作るための種水にと考えています。ブログネタに番外編があってもいいかなと、メダカ飼育にも挑戦してみようかと考えていたんです。

グリーンウォーターは、文字どおり緑色の水なんですが、植物性プランクトンが繁殖したための色らしいんです。針子と呼ばれるほど小さいメダカの稚魚は、この植物性プランクトンを好んで食べ、このグリーンウォーターを飼育水にすると成長速度が比較的早いと言われています。しかも別途餌を与える必要もなし。

私は、メダカの飼育はあまり興味はないのですが、アクアリウム初心者ではありますので、メダカ飼育の基本からミナミヌマエビ飼育に役立てる経験が積めればと思っています。

ただ、あくまでもブログネタ作りのためです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。