20180402 「zicra Volcano Soil」ソイルの粒の硬さと色

20180402 zicra volcano soil の粒サイズ

こんにちは。

三日連続で、zicra Volcano Soilについてです。

我が家のミナミヌマエビのためだけに購入したこのソイル「zicra Volcano Soil」は、当然使用前に洗う必要などないのですが、水槽に敷いて水を張った直後でもやっぱりほとんど濁りませんでした。いつも使っている赤玉土とは違いますね。

さて、このソイル「zicra Volcano Soil」の粒の硬さですが、他のソイルを使ったことがないので比較できないのですが、乾燥状態の粒なら私がいつも使っている赤玉土(硬質タイプ・小粒)よりは指でつぶした感触は柔らかいと思います。とはいっても、使用中に崩れてくる時期が、赤玉土より早いとは言い切れないと思います。このソイルの説明書きには、半年~1年で交換と記載ありますが、リセットした水槽は底面フィルターを設置しているので、もっと早い時期にソイルの粒が崩れるかもしれませんね。

乾燥状態の粒のサイズは、写真のとおり1粒あたり直径約2mmといったところでしょうか。水を吸うと、少しだけ膨張するかもしれません。なんだかチョコレートみたいで美味そうに見えるんです。

そしてこのソイル「zicra Volcano Soil」の色なんですが、開封した乾燥状態では黒っぽく見えて、水槽に敷き詰めて水を張った直後はグレーっぽかったのですが、翌日にはこげ茶に見えたので、たぶんソイル粒表面にまとっていた微細な空気がとれることでソイル本来の色が見えてきたんだなぁと素人ながらに思いました。個人的にはもっと黒っぽく見えてほしかったんですけどね。それでもこれぐらい濃いこげ茶なら、ミナミヌマエビの保護色がより濃く発色してくれるんではないでしょうかね。期待します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

20180401 「zicra Volcano Soil(ジクラ・ヴォルケイノ・ソイル)」とは!?

20180401 ジクラ・ヴォルケイノ・ソイル

こんにちは。

一昨日のブログでも書きましたが、我が家で赤いミナミヌマエビの体色を固定化させるべく水槽に入れる「zicra Volcano Soil」というソイルを買いました。近所のアクアリウムショップには、ADAのアマゾニアや一般的によくアクアリウムで使われているプラチナソイルがあったのですが素人でよくわからないので、最初は安いソイル(3Lで800円ぐらい)にしました。

20180331 ミナミヌマエビのためのソイル

袋には「zicra Volcano Soil(ジクラ・ヴォルケイノ・ソイル)」と表記あるんですが、どうやら九州、阿蘇の溶岩土壌をベースに天然素材をブレンドしたソイルのようで、筑後川から採掘した粘土をバランスよく配合し、ミネラル・微量元素・色素吸着力を強化したと説明書きにあります。

中性から弱酸性の飼育水を好むシュリンプなどの甲殻類には特にお勧めのようです。また、微量の炭を練りこむことで、透明度の高い飼育水を長時間維持することができるらしく、加えて特殊製法により一粒一粒の表面積が広く、ろ過バクテリアが増殖しやすい環境になり安定した水質を維持することができるので、私が望んでる水質ができそうです。

先ほどこのソイルを水槽に敷いて水を入れたので、あとは試運転しながらパイロットフィッシュの投入かな。丈夫なミナミヌマエビだから、わざわざパイロットフィッシュまで用意しなくてもいいんですが、不足気味なネタ仕込みの一環です。パイロットフィッシュはカワムツです。

糞や餌の残りをしっかり分解してくれるバクテリアがよく繁殖し、水質の安定化はもちろんのこと、ミナミヌマエビの保護色を発色するきっかけになってほしいと期待したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

20180331 はじめてソイルを購入してみた

20180331 ミナミヌマエビのためのソイル

こんにちは。

先日、室内水槽にプラナリアが増え過ぎたので、とうとう水槽のリセットに踏み切りました。いままでは底床に砂利を使っていたのですが、今度はミナミヌマエビの体色を濃い保護色にするために黒いソイルを採用することにしました。ミナミヌマエビは、生育環境により外敵から身を護るためなのか、元から持っている色素を色濃くする保護色機能があるらしいのです。

実際、私が天然のミナミヌマエビを採取してくるときは体色が色濃いのですが、数日すると色が抜けてくるんですよね。白い発泡スチロール箱に入れているミナミヌマエビたちは、けっこう白っぽくなったのが多いですね。

新しくリセットする室内水槽では、レッドヌマエビの固定化を図るべく、やや赤いミナミヌマエビだけを入れることにしました。生育環境が黒いソイルの上になることで、赤い色素が色濃くなることを期待したいと思っています。

また、今回からソイルを初めて扱うのですが、底床としては何センチの厚みをもたせればいいのかわかりません。水槽サイズは40cmだし、入れるミナミヌマエビの数も最初は少ないので、敷くソイルの厚みは1~2cmぐらいにしようかと思います。理由は、バクテリア増殖のため、1週間に1回ぐらいの頻度で足しソイルをするから、徐々に底床が増えますしね。

まずは、ソイルを敷き、屋外水槽の飼育水を2分の1、カルキ抜き水道水を2分の1入れて、底面フィルターでエアレーションして1週間慣らし運転しようと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。