屋外ミナミヌマエビ水槽の水草が繁茂していっぱい 20180821

最近、気温が落ち着いてきたので、屋外の発泡スチロール水槽の環境も絶好調のようです。

水草が繁茂してます。

水換えなんかまったくせず、蒸発して減ったら足し水してるだけの屋外水槽なんです。この屋外水槽では、青いミナミヌマエビしか飼育していませんので、個体数は多くありません。底床には小粒の硬質赤玉土を深さ5cm以上も敷き詰め、底面フィルターを設置していますし、すだれのすき間から差し込む日光がちょうどいい塩梅なんでしょうね。たぶんバクテリアが安定しているはずです。

水草は、ウィローモス、アナカリス(オオカナダモ)、コカナダモといったところです。水面に小さい浮き草がありますが、勝手に増えました。

とくにウィローモスとアナカリスは、色濃く育ってます。たしかに直射日光を差し込むようにすれば成長スピードは上がりますが、それでは黄色っぽく、ひょろひょろした水草になるんです。すだれをかけて木漏れ日のような環境にすることで、色濃い水草に育ちます。要は、栄養分と日光量のバランスをよくすることが大事なんでしょうね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

天然アナカリスの群生!都内某所にて 20180820

20180820 天然のアナカリス

天然アナカリスの群生です。

葉が泥をかぶっているけど、とてもよく伸びたアナカリス

いつにも増して、葉の長さがすごいことになってました。メダカやエビの飼育をしている人にとっては、欲しい水草ですよね。しかも無料で採り放題だし。

茎も葉も太い

アクアリウムショップで売ってる農薬漬けのヒョロヒョロしたアナカリスと違い、茎も葉も太くて厚みのある、健康的なアナカリスです。

ちなみにこんなに水草が生えているのに、ミナミヌマエビはまったくいません。まあ、ここに500匹ぐらい放流すれば、半年もすれば勝手に増えて10倍の5000匹以上にはなると思います。また、ここから上流には民家も田んぼもありませんので、生活排水や農業用排水は入り込みません。つまり、山から染み出る水と湧き水だけなので、ミナミヌマエビにとっては快適な生息環境になるでしょうね。もしいればだけど。

1m幅の水路いっぱいに生えたアナカリス
ちょっと水面が照かってますが、アナカリスだらけです

たぶん、都内でこんなにアナカリスが採れるところもないでしょうね。この天然アナカリスが採れる場所をアクアリウムショップの人に教えたら、根こそぎ持っていくかも…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

アナカリスの飼育水はグリーンウォーターの方が育つかも!? 20180712

20180712 グリーンウォーターでアナカリスが育った

グリーンウォーターでメダカの稚魚を飼育しているんですが、そのグリーンウォーターの入ったタッパー容器に20cmぐらいの短いアナカリスを2本入れておいたら、いつのまにか50cmぐらいに伸びてフサフサと育っちゃいました。いずれ腐って溶けるんだろうなぁ程度に考えていたら逆でしたね。

我が家ではアナカリスは野生のものを採取してきてるんですが、ストックしているバケツでは痩せて細ってきてたんです。本来はバケツに他の水槽の飼育水を入れるべきなんでしょうが、アナカリスのストック分まで飼育水が足りなくて、カルキ抜き水道水のみで維持していたんです。

グリーンウォーターでアナカリスが育つメカニズム?がわかりませんが、これからはバケツの中をグリーンウォーター化し、そこでアナカリスをストックすることに。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

ちょっと意外!?野生アナカリスの生育環境 20180622

20180622 泥をかぶってるアナカリス

アナカリスに限らず、水草は太陽光をたくさん浴びることでよく育つと思っていましたが、そんなに単純なことでもないことに今更気付かされました。

上の写真を見ておわかりのように、ここの野生のアナカリスは泥をかぶってるんです。はじめてここのアナカリスを見つけたときは、アナカリスだなんて思いもしなかったんです。しかも泥をかぶって茶色いので、この水草は枯れているんだとも思ったんです。ところが手にとって泥を洗い流すと、鮮やかな緑色の葉をしたアナカリスだったんですね。

多摩丘陵のアナカリス1

多摩丘陵のアナカリス2

アクアリウムショップで私がはじめて購入した水草はアナカリスだったんですが、あのときは数週間で朽ち果てました。だんだんと葉が黄色くなり、やがて茎が細くなり、そしてゴミ箱へ。今思えば、日光を当てすぎた記憶が残っています。

水深が浅くて直射日光があたるようなところでは、泥をかぶるくらいがちょうどいいのかもしれません。こういった野生の水草を現場で見ていると、どのような飼育環境が適しているかわかってくるんです。とはいえ、飼育環境においてはまさかアナカリスに泥をかぶせるわけにもいきませんので、すだれをかぶせてます。

ちなみにこのアナカリスの群生エリアには、アブラハヤ、メダカ、カワニナ、ドジョウ、オタマジャクシ、各種ヤゴなどがいました。ミナミヌマエビは皆無です。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

ストックしている水草のモスとアナカリス 20180619

20180619 ストックしているウィローモス

水草は、ある程度はストックしておくと便利かもしれません。私の場合、ミナミヌマエビをはじめ、メダカ、ハヤ、ザリガニ、ドジョウといった日淡系生体ばかりなので、ウィローモスとアナカリスだけをストックしています。言い方変えれば、様々な水草を使った水槽内レイアウトの自信がないんです。

発泡スチロール箱にどっちゃりのウィローモス
発泡スチロール箱にどっちゃりのウィローモス

さて、ウィローモスは、昨年12月頃、ヤフオク!で500円(送料0円・税込み)で買ったものを増やしました。封筒に入れられて郵便で送付されてきたウィローモスでしたが、いまではこんな量に増えたんです。発泡スチロール箱にどっちゃりです。この写真以外にも屋外水槽と室内水槽にもありますけど。

 

30cm水槽にストックしているアナカリス
30cm水槽にストックしているアナカリス

そしてアナカリスは、最近、山の小川で群生していたものを採取してガラス水槽にストックしています。メダカやザリガニの飼育に使っていますが、とくにメダカは繁殖して増えますので、アナカリスをストックしておくと便利です。

また、ミナミヌマエビの屋外2号水槽を立ち上げ予定なので、このストックしているアナカリスを使う予定です。当然ながら、アクアリウムショップで売っている農薬漬けのアナカリスとは違いますので、ヤゴさえ取り除けば安心して使えます。

 

水草を長期間ストックしておくために、私の場合はミナミヌマエビ水槽の水換え時に捨てていた飼育水を使っています。水草ストック水槽には赤玉土や生体は入れません。ミナミヌマエビ水槽の飼育水には、水草の養分となる硝酸塩が含まれていますので、1週間に1度ぐらい水を交換してあげれば充分。それと強い照明は当てず、室内の窓際で直射日光があたらないところに置いています。

ストックするのが目的なので、光合成に必要な二酸化炭素、養分(硝酸塩)、日光などは、わずかにすることで現状維持できます。それでもちょっとづつ育っちゃいますけどね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

都内で野生アナカリスの採取に行ってきました 20180602

アナカリス

我が家の水槽の水草は、ホテイ草とウィローモスしかありません。

水草を増やすと水槽内のメンテナンスに手間がかかるので、極力水草の種類を増やさないようにしてきました。

最近はミナミヌマエビ以外にも黒メダカの飼育も始めたので、これから作るビオトープ用の水草も用意していこうと思っています。とは言え、アクアリウムショップの高額で農薬漬けの水草を調達する気はないので、野生のオーガニック?な水草を採取してきました。

今回、新規開拓してきた水草採取場は、都内多摩エリアの人工池です。自宅から車で15分ぐらいのところなんですが、運動不足の私はあえて自転車で30分かけて行ってきました。楽な電動アシストですけど…

 

じつはここ、有名な某ゴルフ場の近くです。すぐそばで皆さん楽しそうにゴルフをプレイしていました。まあ、別に私がコースに入るわけではないのでまったく問題はないのですが、とにかく道がわからないので日焼けしたキャディーさんに道を聞くしかありませんでした。

私はバケツとガサガサ網を自転車に積んで、ゴルフカートを運転してるキャディさんに話しかけるんだから、かなり違和感はありましたよ。親切な方でしたけどね。

山を越えると湿地帯にでます。写真ではわかりにくいんですが、水底にはアナカリスの群生があるんです。

 

20180602 野生のアナカリス1

20180602 野生のアナカリス2

山から染み出てる湧き水が小川や用水路になっているのですが、その用水路にアナカリスが群生していたんです。欲しかった水草は浮き草だったんですが、アナカリスならメダカにもミナミヌマエビにも使えますのでラッキーでした。

上の写真では、アナカリスは泥をたくさんかぶってますが、泥を洗い流せば下の写真のように、艶のあるキレイな状態になります。よい場所を見つけました。

アナカリス
獲れた野生のアナカリスです。けっこう肉厚です。

近所のアクアリウムショップでアナカリスを買うとなると、農薬漬けで20cmほどの痩せたアナカリス15本で300円ですからね。今回は、無農薬でオーガニックなアナカリスをバケツ1杯採ってきたから、3000円分以上は採取したことになりますね。

以前に、農薬漬けのアナカリスをミナミヌマエビ水槽にぶち込んだら、突然ミナミヌマエビたちが水槽の四隅から逃げ出そうして、5分もしたら水槽四隅の下で体を寄せ合い動かなくなりましたからね。

今回、都内でも野生のアナカリスが採れる場所がわかりましたので、もうこれで農薬漬けのアナカリスを購入することはなくなりました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。