屋外ミナミヌマエビ水槽の水草が繁茂していっぱい 20180821

最近、気温が落ち着いてきたので、屋外の発泡スチロール水槽の環境も絶好調のようです。

水草が繁茂してます。

水換えなんかまったくせず、蒸発して減ったら足し水してるだけの屋外水槽なんです。この屋外水槽では、青いミナミヌマエビしか飼育していませんので、個体数は多くありません。底床には小粒の硬質赤玉土を深さ5cm以上も敷き詰め、底面フィルターを設置していますし、すだれのすき間から差し込む日光がちょうどいい塩梅なんでしょうね。たぶんバクテリアが安定しているはずです。

水草は、ウィローモス、アナカリス(オオカナダモ)、コカナダモといったところです。水面に小さい浮き草がありますが、勝手に増えました。

とくにウィローモスとアナカリスは、色濃く育ってます。たしかに直射日光を差し込むようにすれば成長スピードは上がりますが、それでは黄色っぽく、ひょろひょろした水草になるんです。すだれをかけて木漏れ日のような環境にすることで、色濃い水草に育ちます。要は、栄養分と日光量のバランスをよくすることが大事なんでしょうね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

天然アナカリスの群生!都内某所にて 20180820

20180820 天然のアナカリス

天然アナカリスの群生です。

葉が泥をかぶっているけど、とてもよく伸びたアナカリス

いつにも増して、葉の長さがすごいことになってました。メダカやエビの飼育をしている人にとっては、欲しい水草ですよね。しかも無料で採り放題だし。

茎も葉も太い

アクアリウムショップで売ってる農薬漬けのヒョロヒョロしたアナカリスと違い、茎も葉も太くて厚みのある、健康的なアナカリスです。

ちなみにこんなに水草が生えているのに、ミナミヌマエビはまったくいません。まあ、ここに500匹ぐらい放流すれば、半年もすれば勝手に増えて10倍の5000匹以上にはなると思います。また、ここから上流には民家も田んぼもありませんので、生活排水や農業用排水は入り込みません。つまり、山から染み出る水と湧き水だけなので、ミナミヌマエビにとっては快適な生息環境になるでしょうね。もしいればだけど。

1m幅の水路いっぱいに生えたアナカリス
ちょっと水面が照かってますが、アナカリスだらけです

たぶん、都内でこんなにアナカリスが採れるところもないでしょうね。この天然アナカリスが採れる場所をアクアリウムショップの人に教えたら、根こそぎ持っていくかも…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

中古で買った流木を灰汁抜きする 20180819

20180819 灰汁抜き中の流木

上の画像は、水に漬けてる流木です。

以前、近所のアクアリウムショップで購入した流木が残ってたんです。たしか中古だったので250円だったと思う。私、まだ流木は使ったことがないんです。

中古だから誰かが使ってたはずなんだけど、案の定、水に沈めておいたら灰汁がでてきて、水が薄茶色に濁ったんです。ネット上では、灰汁抜きは、鍋で煮ればいいとか、重曹を溶かした水に漬けこんでおくといいなどという情報を見かけます。流木から染み出る灰汁は、たぶんタンニンだと思う。冬場になると、落ち葉や枯枝が堆積した小川の淀みの水も茶色くなるけど同様でしょうね。

でも、ミナミヌマエビならそんな薄茶色くなった淀みでも、落ち葉の下で越冬しますから丈夫なんです。冬になると、逆にそういうところじゃないとミナミヌマエビは捕獲できません。

画像の流木は、もう1週間以上も水につけたまんまですが、水はもうかなり透明に近いです。日中は水温35℃を超えるので、灰汁も抜けやすいんでしょうね。あ、ちなみに流木を漬けている水は、単なる水道水です。蒸発して減ったら足してるだけです。念入りに、あと1か月ぐらいは灰汁抜きですね。

この流木がうまく灰汁抜きできたら、ウィローモスでも活着させようと考えています。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

アナカリスをストックしているバケツ 20180725

20180725 アナカリス

アナカリスをバケツにストックしています。

アナカリスは、ホテイ草みたいに直射日光を浴びせないほうがよく育ちます。とは言え、真っ黒なバケツでは底の方のアナカリスが光合成できないのでダメなんです。

上の写真のバケツは、100均のバケツなんですが、水色なので日光がうっすらと横からも差し込むのでちょうどいい感じです。基本的にバケツの水は交換なんかせずに足し水だけ。ときどき、底に貯まったミナミヌマエビの糞をスポイトで吸い取ります。しかもバクテリアを増やすなんて考えていませんので、足し水は水道水をストレートに入れてます(笑

エビやメダカを飼育している方なら、アナカリスをバケツ一杯ストックしておくと重宝しますよ。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

天然のコカナダモを少々採取してきた 20180723

20180723 多摩川産の天然コカナダモ

都内某一級河川にて、水草のコカナダモを採取してきました。

コカナダモは、アナカリス(オオカナダモ)を細くしたような在来種の水草です。上の写真の中央がアナカリスの先端で、あと細いのがコカナダモです。

 

テトラとテトラのすき間にアナカリスと一緒にコカナダモがたくさん生えてました。テトラのすき間にできた天然のビオトープって感じで、網をつっこんでガサガサすればミナミヌマエビも獲れます。

コカナダモは、アナカリスと比較すると頼りないほど細くて、葉もちぢれているような感じなので、水槽に入れるなら大量にいれないと雰囲気でないかもしれませんね。エビの遊び場になるでしょう。

次回は、多めに採ってこようと思う。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

【グロイので閲覧要注意】大栗川で採取してきた苔に虫がいた! 20180720

私、釣りをやっているので釣りエサに使う虫類(アオイソメ、ゴカイ、白サシ、ブドウ虫、ミミズ、赤虫)はぜんぜん平気な方なんですが、予期せぬ虫の出現には驚きを隠せませんでした。

多摩川の支流にあたる大栗川で採取したウィローモス似の苔を容器に保存していたんです。そろそろ石にでも活着させてみようかと、からまった苔をほどこうとピンセットでほぐそうとしたら、3cmぐらいの蠢く物体が出現したのでびっくり!

じつは、この苔を採取してきた当初、5ミリ程度の小さい白いウネウネが苔の中にいたのはわかってたんです。プラナリアだろうなと思ってたので、油断して放置したんです。たぶんあの5ミリの白いヤツが成長して3cm以上になったんだと思う。まるで寄生虫みたいなヤツです。

釣りエサにはもってこいって感じなんですが、いきなり苔から出現したんでさすがの私も少々驚きました。

野生の水草採取は要注意!

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

水草って難しいと思い知らされた件 20180715

20180715 トリミング中の水草

先日、採取してきた野生の水草をかなり適当に鉢植えして水槽に沈めていたんですが、上から見るとあまりにも不格好だったし、一部茎が透きとおって腐ってたので植え直しました。

でも、昨日、屋外の発泡スチロール水槽の水温が29℃まで上昇してたので、そもそも冷たい湧き水のあるところに生えてた在来種の水草にはキツイ環境なのかもしれません。外気50℃超にもなる焼石に水状態のベランダに置いてる発泡スチロール水槽だからしょうがないかも。

それにしても水草って、改めて手入れが大変だと思い知らされました。他の方が美しく育てている水槽の水草を見ていると、自分にもできるかも!?とやってみたくなるんです。

私にはちょっと無理かも…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

アナカリスの飼育水はグリーンウォーターの方が育つかも!? 20180712

20180712 グリーンウォーターでアナカリスが育った

グリーンウォーターでメダカの稚魚を飼育しているんですが、そのグリーンウォーターの入ったタッパー容器に20cmぐらいの短いアナカリスを2本入れておいたら、いつのまにか50cmぐらいに伸びてフサフサと育っちゃいました。いずれ腐って溶けるんだろうなぁ程度に考えていたら逆でしたね。

我が家ではアナカリスは野生のものを採取してきてるんですが、ストックしているバケツでは痩せて細ってきてたんです。本来はバケツに他の水槽の飼育水を入れるべきなんでしょうが、アナカリスのストック分まで飼育水が足りなくて、カルキ抜き水道水のみで維持していたんです。

グリーンウォーターでアナカリスが育つメカニズム?がわかりませんが、これからはバケツの中をグリーンウォーター化し、そこでアナカリスをストックすることに。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

モスみたいな天然苔が活着した石を採取してきた 20180711

20180711 採取してきたカワゴケが活着した天然の苔石にとりつく赤いミナミヌマエビたち

さて、先日の多摩丘陵「鶴見川源流の泉」での水草採取のときの、もうひとつの収穫でもある苔石を紹介します

ウィローモスみたいな苔が活着した石なんですが、川底からボコッって引っこ抜いてきました。苔の活着面積が少ないような気もしますが、天然なので贅沢言ったらキリがない。

我が家の室内水槽に投入した直後、ミナミヌマエビたちが寄ってきてツマツマをはじめました。珍しくてツマツマ始めたのか、それとも石に付着した微生物や苔を食べるためにツマツマ始めたのかわかりませんけどね。

 

さて、ところでこの苔なんでしょうか!?

この苔、ウィローモスに比べて手触りが少しだけゴワゴワして、葉が大きいような気もします。カワゴケかな? たぶん在来種だと思うんですけど、まだ詳しく調べてません。ウィローモスに似ているのですぐに判明するとは思いますが、特定外来種ではないと思います。キレイに成長してくれるといいんですが、湧き水というややひんやりする水が流れる水路にあったもんですから、水温25~27℃の高い水温のミナミヌマエビ水槽では少し不安です。

 

当初、素の石に自分でモスを活着させようとも思ってましたが、ちょうどよい苔石が見つかってよかったです。別の場所でアナカリスを見つけたときもそうですが、水草って意外と泥をかぶっていて見つけにくいんです。良い水草と出会うコツは、とにかく水の中に手をつっこんで、水草がかぶってる泥を流してみることです。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

エビ飼育の水草にはウィローモスが一番簡単かも 20180708

20180708 山盛りウィローモス

上の写真は、ウィローモスのストック分です。

イチゴのパックに詰め込んでみました。

昨年12月頃にヤフオク!で購入(税込・送料込で500円)した際は、小さい茶封筒に入ってポスト投函で受け取ったウィローモスだったんですが、もうこんな量になりました。これはストック分なので、他は運転中の水槽にまだたくさんあります。

私はアクアリウム歴1年未満の初心者なので、コツなんかわかりません。とにかく手間をかけずに、なるべく放置で増やしてきました。

  • 水は、半分以上は飼育水を使うこと
  • 2~3週間に1回水換えをすること
  • ほんの少しの生体を入れておくこと
  • できれば発泡スチロール箱に入れること

飼育水には水草の養分になる硝酸塩が含まれていますので、定期的な水換えをおすすめします。ミナミヌマエビをほんの少しだけ入れておきましょう。可能であれば、大きめの発泡スチロール箱を水槽代わりに使いましょう。横からも日光が透過しますので、底の方でも微妙な光合成をしてくれます。

水草ストック水槽に発泡スチロール箱を選ぶメリットは、以下の3点です。

  1. 水温が外気に左右されにくい(水温の安定を保つ)
  2. 横からもわずかな日光が差し込む
  3. 入手しやすい

ウィローモスは、エビやメダカの飼育では使い勝手がいいのでおすすめします。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

2つ断念しました 20180707

以下、2つ断念しました。

  • 日淡水槽
  • ホテイ草の育成

日淡水槽を断念した理由は、ザリガニが水を汚しすぎ。もちろんザリガニが水を汚すことは知っていましたが、30cm水槽なもんだからか水温が上がりやすいせいか、ザリガニやカワムツの糞が大量なもんで分解処理しきれないのでしょう。とにかく水の汚れ方が早くて手間がかかりすぎ。

ホテイ草を止めた理由は、一度は花を咲かせたものの、どうしても葉が黄色くなっていき、終いには溶けてしまうんです。黒い根もボロボロ落ちていき、水を汚します。

私の場合、手間が許容量を超えてしまうと興味が失せてしまうので、ミナミヌマエビ飼育の本筋からそれたことは止めることにしました。ただ、日淡水槽に関しては、ドジョウやヨシノボリといった底物限定なら再開するかもしれません。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!