天然の赤いミナミヌマエビ3匹捕獲してきた!20180818

20180818 多摩川産の赤いミナミヌマエビ

気温がだいぶ落ち着いたので、今日、都内の某一級河川へ赤いミナミヌマエビを捕獲しに行ってきました。秋頃までには30匹以上は欲しいんです。

結果を先に言いますと、赤いミナミヌマエビは3匹捕獲できました。

上の画像は、家で水合わせ中。真ん中は抱卵中だし、赤みが抜けちゃいました。でも、数日すればたぶん赤みは元に戻ります。私にとっては貴重な3匹です。

 

現地は、とにかく土手のサイクリングロードから川まで藪がすごいんです。1~3m以上の藪をかき分けていくなんて無理!ジャングル状態なので、途中で方向がわからなくなって川へたどりつけなくなってしまいそう。

多摩川、京王線橋げたです

しょうがないので、いつものポイントでガサガサしました。

上の画像は京王線の橋げた下なんですが、ここより約1km下流あたりで今回の赤いミナミヌマエビを捕獲しました。今回は、とにかく網に入るミナミヌマエビの数が少ないんです。前回、連日猛暑で水温がお湯みたいになってたので、もしかしたらミナミヌマエビはけっこう死滅してたのかもしれません。

それでも運よく3匹も赤いミナミヌマエビが捕獲できたので、かなりラッキーな感じです。内1匹は抱卵中で、少し赤みが抜けましたが我が家の水槽なら赤みを取り戻すでしょう。

(おまけ)途中、ウシガエルのオタマジャクシそっくりな、20cmぐらいのナマズの子供が獲れました。たしかナマズって数十年生きるし、普通に体長70cm以上にもなるから、飼育始めると大変なんですよね。 私の寿命が尽きても生きてそうだし。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

ミナミヌマエビが獲れるポイントの解説 20180730

先週、近所のミナミヌマエビ捕獲場で業者が雑草の草刈りしているところが目にはいったので、いままで雑草だらけで入り込めなかったところへ行ってきました。

↑ここ、川幅は50cmぐらいしかないのですが、水深が大人のヒザぐらいまであるので、流れもまあまあ早いんです。コンクリの壁沿いは流れが強いので、反対側の草が生えているところを集中的にガサガサしたら、ミナミヌマエビがたくさん捕獲できました。

流れの強いところでのガサガサは、下流から上流へ向けて網をガサガサしていくと、ビックリして飛び跳ねたミナミヌマエビが網へ入ってくれます。

 

↑ここ、1mぐらいの雑草が生い茂ってたので、なかなかガサガサできなかったポイントなんです。ミナミヌマエビだけでなく、ザリガニもたくさん網に入りました。

こういう小川みたいなところは、ミナミヌマエビの天敵となりそうな魚(ミナミヌマエビを一口で食べれるサイズの魚)がいないので、エビが繁殖しやすいんでしょうね。ミナミヌマエビは流れの強いところや川底にはいませんので、流れのゆるい草の生えているところをガサガサすると高確率で捕獲できます。

 

この画像ではわかりにくいのですが、3分の1以上は抱卵個体です。2cmぐらいの小さいメスも、けっこう抱卵してました。

この日、30分で200匹ほど捕獲しました。ということは1時間やれば400匹になるので、10匹あたり100円で買い取ってくれるところがあれば、私の時給は4000円ということになります。高校大学の頃なら積極的にアクアリウムショップに電話営業したと思います。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

エビ専用の携帯クーラーBOX 20180729

20180729 エビ用の携帯クーラーBOX

私のミナミヌマエビ捕獲に必要なもの

「エビ専用の携帯クーラーBOX」

コレ、釣具屋で売ってます。海釣りでは「エビ撒き釣り」という釣り方があるんですが、このエビ専用の携帯クーラーBOXに活きのいいスジエビなんかを数百匹入れて、活き餌として使います。

つまり、エビを活かすための専用アイテムなんです。

 

クーラーBOX仕様

クーラーBOX仕様なので断熱効果がありますので、ミナミヌマエビ捕獲後の帰宅移動中でも急激な水温の変化が避けられます。

エアチューブ穴あり

エアチューブを通せる穴がありますので、フタのすき間からチューブ入れて水がこぼれるようなことはありません。

エアポンプ専用ポケットあり

エアポンプ用のポケットがありますので、捕獲したエビが酸欠になることはありません。

ショルダーベルト

伸ばせば肩にかけられるので、水をたっぷり入れて歩いても腕が疲れません。

 

エビの足場用ネット

エビって足場がないとストレス感じて長持ちしないんです。ということで、ネットが入ってますから、移動中に揺れてもエビがネットにつかまれるので長持ちします。

 

単一乾電池2本で動く携帯用エアポンプです。これも釣り具屋で売っています。

 

アクアリウムショップでエビを買うときなんかは、コレをもっていけば超安心です。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

天然のコカナダモを少々採取してきた 20180723

20180723 多摩川産の天然コカナダモ

都内某一級河川にて、水草のコカナダモを採取してきました。

コカナダモは、アナカリス(オオカナダモ)を細くしたような在来種の水草です。上の写真の中央がアナカリスの先端で、あと細いのがコカナダモです。

 

テトラとテトラのすき間にアナカリスと一緒にコカナダモがたくさん生えてました。テトラのすき間にできた天然のビオトープって感じで、網をつっこんでガサガサすればミナミヌマエビも獲れます。

コカナダモは、アナカリスと比較すると頼りないほど細くて、葉もちぢれているような感じなので、水槽に入れるなら大量にいれないと雰囲気でないかもしれませんね。エビの遊び場になるでしょう。

次回は、多めに採ってこようと思う。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

都内一級河川で赤いミナミヌマエビ3匹捕獲! 20180722

20180722 多摩川の赤いミナミヌマエビ

都内某一級河川へガサガサしに行ってきたんですが、水がぬるくてミナミヌマエビが少ない。水温が上昇しすぎて藻が水中を浮遊していて、流れ込みがないテトラのすき間では酸欠状態だったのかもしれません。

上の写真は、この日なんとか獲れた赤いミナミヌマエビ3匹中の1匹です。網に入るミナミヌマエビの数はまあまあなんですが、相変わらず赤いミナミヌマエビの捕獲率が悪いですね。それにサイズが小さい。

ここは本流と合流する某支流です。
テトラが並べてあります。
ここは本流です。木陰になっているので、釣り人もときどきいます。
ここは本流のテトラです。ちょっと見えにくいのですが、テトラとテトラのすき間の水底にコカナダモが繁茂しています。浮き草もありますね。ミナミヌマエビごっそり獲れます。
ここにも水底にはコカナダモが繁茂してます。
見えますか?コカナダモ。
すき間にコカナダモがきっしり。

 

詳しい場所は明かしませんが、こういうポイントでミナミヌマエビが捕獲できることを知ってもらえればと思いました。

都内なのにミナミヌマエビ以外に水草もけっこう獲れる場所なんです。

この日、赤いミナミヌマエビ3匹GET!

他のミナミヌマエビは無数に網へと入りましたが、すべてリリース。

とにかく暑かったです。

 

 

おまけ

スッポン発見!
水がぬるいせいか動きも反応も鈍いスッポンでした

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

【グロイので閲覧要注意】大栗川で採取してきた苔に虫がいた! 20180720

私、釣りをやっているので釣りエサに使う虫類(アオイソメ、ゴカイ、白サシ、ブドウ虫、ミミズ、赤虫)はぜんぜん平気な方なんですが、予期せぬ虫の出現には驚きを隠せませんでした。

多摩川の支流にあたる大栗川で採取したウィローモス似の苔を容器に保存していたんです。そろそろ石にでも活着させてみようかと、からまった苔をほどこうとピンセットでほぐそうとしたら、3cmぐらいの蠢く物体が出現したのでびっくり!

じつは、この苔を採取してきた当初、5ミリ程度の小さい白いウネウネが苔の中にいたのはわかってたんです。プラナリアだろうなと思ってたので、油断して放置したんです。たぶんあの5ミリの白いヤツが成長して3cm以上になったんだと思う。まるで寄生虫みたいなヤツです。

釣りエサにはもってこいって感じなんですが、いきなり苔から出現したんでさすがの私も少々驚きました。

野生の水草採取は要注意!

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

藍色ミナミヌマエビが獲れたけど… 20180714

20180714 藍色ミナミヌマエビ

今日もかなり濃い青色のミナミヌマエビが獲れました。

ほぼ藍色と言ってもいい体色をしたミナミヌマエビです。

ただし、青い体色のミナミヌマエビが数匹獲れても、その3分の2は1~2日で色が抜けてしまう偽物なんです。残った3分の1の奴らは色が抜けません。また、獲ったときは青色に見えても、いつのまにか緑色になっている偽物もけっこういます。

赤いミナミヌマエビが一番ほしいけど、最近は青いミナミヌマエビも集め始めています。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

モスみたいな天然苔が活着した石を採取してきた 20180711

20180711 採取してきたカワゴケが活着した天然の苔石にとりつく赤いミナミヌマエビたち

さて、先日の多摩丘陵「鶴見川源流の泉」での水草採取のときの、もうひとつの収穫でもある苔石を紹介します

ウィローモスみたいな苔が活着した石なんですが、川底からボコッって引っこ抜いてきました。苔の活着面積が少ないような気もしますが、天然なので贅沢言ったらキリがない。

我が家の室内水槽に投入した直後、ミナミヌマエビたちが寄ってきてツマツマをはじめました。珍しくてツマツマ始めたのか、それとも石に付着した微生物や苔を食べるためにツマツマ始めたのかわかりませんけどね。

 

さて、ところでこの苔なんでしょうか!?

この苔、ウィローモスに比べて手触りが少しだけゴワゴワして、葉が大きいような気もします。カワゴケかな? たぶん在来種だと思うんですけど、まだ詳しく調べてません。ウィローモスに似ているのですぐに判明するとは思いますが、特定外来種ではないと思います。キレイに成長してくれるといいんですが、湧き水というややひんやりする水が流れる水路にあったもんですから、水温25~27℃の高い水温のミナミヌマエビ水槽では少し不安です。

 

当初、素の石に自分でモスを活着させようとも思ってましたが、ちょうどよい苔石が見つかってよかったです。別の場所でアナカリスを見つけたときもそうですが、水草って意外と泥をかぶっていて見つけにくいんです。良い水草と出会うコツは、とにかく水の中に手をつっこんで、水草がかぶってる泥を流してみることです。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

多摩丘陵「鶴見川源流の泉」側で水草採取してきた 20180710

20180709 鶴見川源流の泉

全長42.5km、横浜市鶴見区の東京湾へと続く一級河川指定の「鶴見川源流の泉」へ、水草を採取しに行ってみました。

鶴見川源流の泉1
水中が別世界のようにキレイな泉です
鶴見川源流の泉2
中心が湧き水です。1日あたり1300トンの地下水が湧いてるらしいです。ここがいちおう鶴見川の源泉とは言われていますが、さらに上流には「源源泉」があります。

鶴見川源流の泉は、保護されているせいか立ち入り禁止となっていて柵もあるので近寄れません。丸い泉の中心は、底から大量に水が湧き出ているのが目視できます。当然ながら水は見ためキレイで水面が反射しているから水中の水草が撮影できませんが、キレイな緑色の水草が繁茂しているのがなんとなく視認できます。当然、泉の水草は採取できませんので、その横を流れる水路で水草を採取することにしました。

鶴見川源流の泉3
右側水路が源源泉へとつながっています(写真手前側が源源泉へと続く上流)
鶴見川源流の泉4
水の透明感がすごくて、7月なのにやや冷たいです。底石には、ウィローモスみたいな苔類の水草が活着しています。
鶴見川源流の泉5
柵の向こうからくる水が鶴見川源流の泉からの水で、横を流れているのが幅50cm程度の鶴見川本流です。水深50cmはあるのですが、底床の砂利まではっきり見えるぐらい透明度があります。
鶴見川源流の泉6
鶴見川最初の落ち込みです。

ただ、水に手を入れてみてわかったのですが、やっぱり水が少し冷たい感じがしました。そうなると、水草を持ち帰っても水温25~28℃の水槽では枯れるかもしれないと頭をよぎりました。正確に測るために水温計をもっていけばよかったと少々後悔も。

とりあえず、「鶴見川源流の泉」側で採った水草は、

↑苔類ですね。ウィローモスに似ています。カワゴケ?

 

↑水中葉ですが、なんでしょうか!?

 

↑侘び草。小さい鉢に赤玉土を入れ、そこに活着させて水槽に沈めようかと。

 

↑これも侘び草。

 

以上です。

 

底石に活着したものも採取してきたんですが、別の日に紹介します。

とにかく採取してきた水草の名称がわからないので、調べた上で詳しく紹介します。

 

私、以前にアクアリウムショップで農薬漬けと知らずにアナカリスを買ってしまい、あやうくミナミヌマエビたちが全滅しかけたことがあったんです。あれから野生の水草を探すようになったのですが、ミネラルしか含まれていない?ような「鶴見川源流の泉」にもけっこういろんな種類の水草が自生してました。

ただ、魚、エビ類、水生昆虫といった水生生物はほとんど見つけられませんでした。貝類だけは確認できたが。なんでだろう!?

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

水草「エビモ」の群生を見つけた件 20180702

20180702 水草エビモ

あまり聞きなれない水草「エビモ」。

エビモ

アクアリムでも水槽内レイアウトにはほとんど使われていないような気もする水草のエビモ。先日の青いミナミヌマエビ捕獲時、なんだか見慣れない水草が川底に生えてたのを発見。水深10cm程度の小砂利と砂が混ざり合ったような底床の小川です。川底に根を張り、水の流れに乗ってユラユラしてます。

また、外来種で採れない水草なんだろうと思ってところ、その場でスマホで検索して調べてみたら「エビモ」という在来種の水草だと判明。エビの生息しているキレイな小川に群生するところからエビモという名称がつけられたという説があるらしいのです。

6月には野生のアナカリスを見つけるわ、今度はエビモは見つけるわ、ミナミヌマエビを捕獲時には想定外に野生の水草が群生しているところを見つけます。しかも都内で。

このエビモ、チャームでは長さ10cm前後5本が800円で販売されているようです。アナカリスよりは高値のようです。こんな近所の河川にて一人じゃ採りきれないほど自生していたので、需要さえあれば小遣い稼ぎができそうな気もしましたね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

濃くて青いミナミヌマエビがそこそこ獲れた 20180701

20180701 青いミナミヌマエビ

もう7月にはいったけど、今日もとにかく暑かった。

今日午前中、自宅から自転車で10分圏内のミナミヌマエビ捕獲場に出かけてみました。某河川の細い支流です。

最近、屋外の発泡スチロール水槽をリセットし、青いミナミヌマエビ限定の飼育水槽にしたので、なるべく濃くて青いミナミヌマエビが欲しかったんです。近所の捕獲場で赤いミナミヌマエビは滅多に獲れないけど、青いヤツはポツポツ獲れるので青いミナミヌマエビだけ持ち帰ることにしました。

(一番上の写真には、画像ではこげ茶に見えるミナミヌマエビも混じってるように見えますが、これは濃い青色のミナミヌマエビなんです。半透明の計量カップに入れて撮影したのでこげ茶に写っちゃいました。)

捕獲場は、数週間前とちがって周辺の雑草が刈られていたので足場がよくなってたし、刈り取った雑草が適度に川に垂れこめてたので、ミナミヌマエビの取り付く足場になって、短時間で青いミナミヌマエビがそこそこ獲れました。他雑色系の小さいミナミヌマエビも数百匹獲れたちゃったけどリリース。

青いミナミヌマエビは、とりあえず屋外の発泡スチロール水槽で飼育するのであまり観賞はできませんが、青系のエビもガラス水槽で照明をあてるとキレイなんですよね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

念願の赤いミナミヌマエビを6匹捕獲成功! 20180617

20180617 赤いミナミヌマエビ6匹

ようやく、都内某河川で赤いミナミヌマエビが捕獲できました。

自宅から10km離れた場所なんですが、ネット上でかろうじて得た微かな情報だったし、とても広い河川だったということもあり、車はやめて移動に便利な自転車で行きました。案の定、本流、支流、水路など、あちこち移動してはガサガサしてきたので、今日1日で赤いミナミヌマエビを追って40km以上は自転車で走ったと思います。

さて、肝心の成果ですが、赤いミナミヌマエビ6匹でした。もちろん他にもミナミヌマエビは500匹以上は獲れたんですが、そんなに持ち帰ってもしょうがないので赤いヤツだけテイクアウトしました。ようするに、ミナミヌマエビだけで500匹以上獲って、わずか6匹だけ赤いミナミヌマエビが獲れたということ。それだけ赤いヤツは貴重なんです。

 

赤いミナミヌマエビが潜んでたポイント

赤いミナミヌマエビを捕獲できたポイントの説明をします。

今日は長靴を持って行かなかったので、テトラのあるポイントだけでガサガサしました。上の写真のように水面に草が垂れこめているようなところで、網を下から入れて草ごとガサガサするんです。そうすると草につかまっていたミナミヌマエビがうじゃうじゃと網に入るんです。赤いミナミヌマエビは目立ちますんで、すぐに判別できます。

私の場合、100均の網でガサガサしてたので、耐久性に不安がありました。次回までに、釣り具店でもっと頑丈な網を調達しようと思います。

 

モスっぽい水草も発見!

ウィローモス?みたいな水草を見つけました。私がヤフオク!で買ったウィローモスよりもやや硬めですがそっくりです。コンクリ沿いに生えてました。

アナカリス、マツモなんかも自生?してました。テトラのすき間にいっぱい生えてます。たしかどれも外来種の水草なので、誰かが不法投棄したものが流れ着いたんでしょうかね。それにしても、日本の冬の冷たい河川で生き残れるんですね。

 

天気予報では、明日からは雨続きらしく河川も濁りがはいり、今日の赤いミナミヌマエビを捕獲したポイントは1週間もしたらだいぶ様子が変わるんでしょうね。梅雨明けに赤いヤツが増えてるといいんですが…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

暇なんでハヤ釣りに行ってきました 20180616

20180616 鶴見川上流で釣れたカワムツ

今日は、すごく肌寒かったです。

午後、暇だったんでハヤ釣りに行ってきました。

近所のこの川で釣れるハヤは、10cm以下の小物ばかりです。仕掛けは、ワカサギ用の鬼針1号、ハリス0.2号、極小玉ウキ、ヨリモドシ、道糸ナイロン1号、のべ竿3.3m、そして練り餌です。ヘラブナ釣りのように流れのない管理釣り場ではなく、緩やかな流れのあるところがポイントになりますので、芋グルテン7割、さなぎ粉2割、そして繋ぎ役の味噌1割の配合率で作る練り餌です。

↑この淀んでいる川底が見えないところに、ウキ下70cmにして仕掛けを流します。

↑枝が水面に垂れさがっているところでウキに反応がでます。今日の5匹は、すべてこのポイントで釣りました。

↑ここはカワセミの通り道です。水面スレスレをものすごい速さで飛んでいきます。アマチュアカメラマンさんが、よくここでカワセミを撮影しています。

 

今日の釣行時間は、だいたい1時間ぐらいでした。小さいハヤ(カワムツ)が5匹ぐらいしか釣れませんでした。我が家の日淡水槽は過密状態なので、5匹とも放してあげました。

なんだか今日は飼育の記事ではなく、釣りの記事になってしまいました。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

ガサガサでけっこう立派なザリガニが獲れた 20180607

20180607 ガサガサ

先日、ミナミヌマエビをガサガサして獲ってたら、けっこう立派なザリガニも一緒に獲れました。

この硬そうなザリガニ、クロダイ釣りの活き餌に使えそうです。40cm以上のクロダイなら、ザリガニなんかバリバリ食べるアゴと歯をもってますからね。ミナミヌマエビの捕獲の際に獲れてしまうザリガニを見ると、いつもそんなことを想像しています。

ザリガニは、海水でも数分は大丈夫なので活き餌になります。釣り具店で1匹あたり30円以上のスジエビやモエビを数十匹買うぐらいなら、野生のザリガニをたくさん獲った方が経済的です。

ザリガニを釣りの活き餌としてストックするなら、共食い防止のために爪を切ってしまいましょう。

それにしても半年以上は海釣り行ってないので、なんか行きたくなってきた。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。

浮葉性水草のアサザが大量! 20180603

20180603 アサザ1

都内某所で浮葉性水草のアサザを大量に見つけました。

睡蓮と同様に、アサザは水中の泥に根をはり、水面には葉が浮きます。ネットでアサザを調べてみたら、夏には黄色い花を咲かせるようです。夏場の水温上昇を和らげますので、屋外でのメダカ飼育にはもってこいの水草です。

20180603 アサザ2

上の写真ではわかりにくいのですが、アサザの葉の大きさは意外と大きくて、手のひらよりやや小さめといった感じです。アサザの葉の下は、暑い陽射しをよけてメダカの休める日影になります。

ちなみに最近購入したホテイ草3株ですが、1株は枯れはじめました。他の2株は、育ってはいるのですが葉の色がやや黄色くなっています。陽の光が強すぎて、ミナミヌマエビたちの糞だけでは養分が足りないということなのでしょうか?たった3株のホテイ草に対し、700匹以上のミナミヌマエビの糞では養分不足なのか?

ということで、いつでも無料で調達できる野生アサザの繁殖地も見つけたことだし、いよいよビオトープの素材が揃ってきました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

現在、「ぬまえび三昧」はブログランキングに参加中です。

今日の記事を読んで

「ミナミヌマエビを飼ってみたい」

「ほんの少しだけエビの知識が増えた」

などと感じていただけましたら、

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンをポチッと押して応援してもらえると幸いです。

いろんな方のエビ飼育ブログも見れますよ。