冷凍ペットボトルで水温上昇抑えるのは是か非か!?

20180803 冷凍ペットボトルをミナミヌマエビ水槽に浮かべて冷却

ミナミヌマエビ水槽に限って言えば、水温が上昇した水槽に冷凍ペットボトルを入れて水温を抑えるのはだと思います。

ただし、この方法で下げる水温は、せいぜい1~3℃までに抑えたほうが無難かと思います。自然界においては、水温が急激に下がる原因といえば、急な大雨ぐらいしか思いつきませんが、猛暑の日などに大量の雨水が河川や湖沼に流入すれば、浅場にいるミナミヌマエビの生息環境でも水温の急激な変化はあるでしょうね。

今日夜20時頃、屋内ミナミヌマエビ水槽(40cmサイズ)の水温が28℃だったので、これを下げるべく冷凍ペットボトル1本をぷかぷかと浮かせました。30分ほどで溶けてしまいましたが、水温は25℃まで下がりました。たったの30分間で3℃も下げてしまうのは、ちょっとやりすぎかもしれません。ミナミヌマエビたちも自然界なら急激な温度変化があるところから逃げられるでしょうが、狭い水槽の中では逃げ場もありませんからね。

私がこの冷凍ペットボトルを使ったのは、あくまでも野生のミナミヌマエビを対象にしていますので、アクアリウムショップなどで購入したシュリンプ系にとってはキツイと思います。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

赤いミナミヌマエビが産卵したけど卵が少ない!? 20180803

上の画像、産卵してますよね!?

かろうじて確認できた赤いミナミヌマエビの産卵です。卵の数がかなり少ないので、けっこう不安です。栄養が足りないんでしょうか!?

私の当面の最優先目標は、赤いミナミヌマエビの繁殖です。ここ最近は水温が27~28℃と高めだったので、夏バテにならないか心配ではあったんです。まあ、なんとか産卵してくれました。

無事に孵化してくれれば、たぶん赤い個体の稚エビになると思うんです。こいつらは河川で捕獲してきてから日数がだいぶ経過しているので、交尾はこの水槽でのはずなんです。あとは卵の数が少ないのが懸念されるけど…

 

そうそう、ミナミヌマエビの卵の数といえば、野生のミナミヌマエビって産卵すると、どれもお腹パンパンに抱卵してるんですよね。

20180507 スーパーヘビー級なミナミヌマエビ
↑5月頃に捕獲したミナミヌマエビ抱卵個体。

↑コイツ見てくださいよ。卵300個以上はありそうでしょ。目の色といい体色といい、卵の色といい、泥の中にいただけのことはあります。発泡スチロール水槽内で孵化した頃には、体色は透明になりましたけど…

我が家の赤いミナミヌマエビたちも、これぐらいは産卵してほしいんですよね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!