エアレーションの冷却効果は馬鹿にできない 20180720

20180720 エアレーションの気化熱で冷却効果を狙う

我が家の屋外水槽では、エアレーションを追加しました。

理由は、気化熱による冷却効果を狙うためです。

気化熱は、液体が気体に変わるときに周囲の温度を奪う熱のこと。人間が汗をかいて体温調整するのも気化熱、エアコンで部屋を冷やすのも気化熱だし、注射を打つ箇所にアルコールを含ませた脱脂綿で消毒するときの冷っと感も気化熱です。

つまり、高温の外気にさらされている水面は、なにもしなければ外気の温度に左右されやすく、今日みたいに猛暑の日はどんどん水温が上昇していくわけです。

ところが、飼育水を積極的に気体にすることで水面付近の温度が下がる効果があります。つまり、エアレーションによって泡が水面で弾けることで水が気体になりますので、水面付近の温度が下がるわけです。飼育水の水面は、外気温に左右されにくくなります。

おかげさまで、連日の猛暑にも関わらず、直射日光下でベランダ床が50℃超の場所でも、水温は28℃をキープできています。

エアレーションによる冷却効果は馬鹿にできませんよ。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

【グロイので閲覧要注意】大栗川で採取してきた苔に虫がいた! 20180720

私、釣りをやっているので釣りエサに使う虫類(アオイソメ、ゴカイ、白サシ、ブドウ虫、ミミズ、赤虫)はぜんぜん平気な方なんですが、予期せぬ虫の出現には驚きを隠せませんでした。

多摩川の支流にあたる大栗川で採取したウィローモス似の苔を容器に保存していたんです。そろそろ石にでも活着させてみようかと、からまった苔をほどこうとピンセットでほぐそうとしたら、3cmぐらいの蠢く物体が出現したのでびっくり!

じつは、この苔を採取してきた当初、5ミリ程度の小さい白いウネウネが苔の中にいたのはわかってたんです。プラナリアだろうなと思ってたので、油断して放置したんです。たぶんあの5ミリの白いヤツが成長して3cm以上になったんだと思う。まるで寄生虫みたいなヤツです。

釣りエサにはもってこいって感じなんですが、いきなり苔から出現したんでさすがの私も少々驚きました。

野生の水草採取は要注意!

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

水温対策最強は発泡スチロール水槽とすだれ 20180719

20180719 ベランダ屋外気温50℃の中で水温28℃をキープしてる水槽

外気温50℃超の直射日光下の屋外ベランダだけど、発泡スチロール水槽は水温28℃をキープ!

屋外水槽の装備を紹介します。

  • 発泡スチロール箱(深さ23cm程度)
  • すだれ3枚
  • 簀の子?(角材4本を並べただけ)
  • 底面フィルター
  • 自作空冷エアレーション
  • 赤玉土、水草(アナカリス、ウィローモス)

発泡スチロールは断熱効果があるのはわかりきったことなんですが、すだれと簀の子が水温上昇を抑えてくれているキーマンです。すだれは発泡スチロール箱の側面を1枚だけ巻き、あとは二枚重ねで上から被せます。簀の子は、ベランダ床の熱が伝わらないようにするためと、空気の通り道を作るためです。

注意する点は、水深ですね。可能な限り水深は深めにすることで、水温が上がりにくくなります。

もうひとつ注意する点は、フタをすることで外気と遮断ができて水温上昇を抑えられるようにも思えますが、エアレーション効果で飼育水が蒸発し、気化熱効果で水温上昇を抑えているので、必ず水が蒸発して減る仕組みにしましょう。減ったら足し水ね。

金もかけずに、これだけの水槽装備で水温上昇が抑えられます。

興味あれば、お試しください。

 

本日の我が家の水槽は

  • 室内水槽(赤いミナミヌマエビ専用):水温27
  • 室内バケツ水槽:(ミナミヌマエビ、水草、メダカ):水温29
  • 屋外水槽(青いミナミヌマエビ専用):水温28

いずれもエアコンない場所での水温です。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

私の大ざっぱな水換え作業の様子 20180718

タイトルの件ですが、大雑把な水換えはミナミヌマエビ水槽だけかも。

ちなみに私の水換え作業時間は、いつもたったの2~3分です。私の場合、手間がかかる趣味は長続きしませんので、こういった作業は簡略化します。

 

私の水換え作業の手順は

  1. カルキ抜き水道水4リットルを用意しておく
  2. 水道水に漬けて少し冷やしておく(今の季節24℃ぐらい)
  3. 4リットル分の飼育水を一気に取り出す
  4. 4リットルのカルキ抜き水道水をドボドボ注水する

上記3~4の作業で2~3分かな。

 

焼酎のペットボトル(4L)に入れたカルキ抜き水道水を適温にしているところ

 

口の大きな瓶(2L)で飼育水を汲みだしているところ

 

飼育水4分の1を減らしました

 

25℃ぐらいのカルキ抜き水道水をジャバジャバと

焼酎のペットボトルでカルキ抜き水道水をドボドボ入れちゃいます。ちなみに水槽は18リットル(ソイル分を差し引いて)なので4リットルというのは、水槽4分の1弱の水量でしょうか。

水槽から取り出した飼育水4リットルは、すぐに水草ストック水槽の水換えに使います。水草の養分ともなる硝酸塩の補充ですね。

 

これで水温も27℃から26℃に下がり、硝酸塩濃度もたぶん?下がりました。

ミナミヌマエビ水槽の水換えは楽ですね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

水温30℃のバケツ水槽でも元気なメダカたち 20180717

20180717 水温30℃で泳ぐメダカ

水温が30℃になっても元気なメダカたち。

毎日、餌もパクパク食べてくれます。

メダカ水槽なら水換えは必要ないと思うんですが、1日2~4回も餌を与えているし、12匹が8Lサイズの小さいバケツで泳いでるので、2週間に1回ぐらい約半分の水換えをしています。

ちなみにバケツの中のアナカリスは順調です。ただし、ホテイ草は溶け始めています。私、ホテイ草を育てるのが下手なようなので、このバケツのホテイ草が最後です。

そして、ここのメダカはすでに産卵してるんですが、卵がどこの水草にくっついてるのかわかりません。見つけると別容器に分けないといけないから面倒だし。あ~、そうそう、このバケツに1匹だけミナミヌマエビが紛れ込んでたんですが、なんかメダカの卵を食べてたような気がするんです。もちろん卵のようなものをミナミヌマエビが食べているところを発見したときにバケツからは出しましたが、ミナミがメダカの卵を食べるなんて初耳です。見間違いかもしれないし。

それにしてもメダカはミナミヌマエビ以上に丈夫ですね。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

【自作空冷装置】冷気をエアポンプで送って水温上昇抑える!? 20180716

20180716 自作の空冷装置

全国的に猛暑続きのせいか、「水温」をテーマにしたブログ記事が目立ちますね。私の頭の中も水温のことばかりです。

そして試してみたいことは、エアレーションから出るエアを冷やすことで、日中の水温上昇を抑えられるかどうか。いわゆる空冷装置。

断熱シートで包んだエアチューブ

まずは小さい発泡スチロール箱を用意します。ここに水を入れてキンキンに凍らした冷凍ペットボトルをいれ、エアポンプも一緒に入れます。凍ったペットボトルにエアチューブを巻き付けます。エアチューブは、外気で温まらないように100均の断熱シートで包みます。冷やされたエアが水槽内にブクブクするわけですから、水温を下げるほどの劇的効果は得られなくても、上昇を抑える働きは期待したいですね。

ただし、このなんちゃって空冷装置の唯一の欠点は、冷凍ペットボトルの手動での交換作業が必要なこと。朝から夕方まではなんとか持ちこたえますが、翌朝はまた冷凍ペットボトルを入れ替えなければなりません。

追加で設備を増やすのは簡単かもしれませんが、既存の設備でお金をかけずに試行錯誤をするのは楽しいもんです。いつも仕事でもそうですが、だいたい私が思いついたことって、すでに他の人がやっていますけどね。

そして効果のほどですが、昨日はなにもせずに30℃まで上昇した屋外の発泡スチロール水槽が、今日は朝から夕方までなんとか28℃で抑えられました。昨日も今日も同じような気温でしたから、この空冷装置は効果ありと思っていいかな!?(まだ改善余地もあるし…)

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

赤いミナミヌマエビ水槽の心配事 20180715

20180715 赤いミナミヌマエビたちの食事

我が家の赤いミナミヌマエビたちは、元気に餌に群がります。

現在は、たったの9匹しかいないし、なかなか抱卵もしないのでちょい心配。そろそろ赤いミナミヌマエビを捕獲しに遠征しなくては…。

 

20180715 ミナミヌマエビ水槽はかろうじて水温27℃をキープ
かろうじて水温27℃をキープ

もうひとつ心配事が…

一昨日から夜の気温も高めなせいか、朝の水温が下がっていません。

屋外水槽は論外として、室内水槽は、ちょっと不安な27℃弱をキープしています。エアコンなんかない玄関だから、もちろん冷却ファンは回しっぱなし。

本来、ミナミヌマエビならもうちょっと放置しても大丈夫なんだろうけど、赤い体色のミナミヌマエビはなかなか捕獲できないので、どうしても過保護になってしまいます。

あ~、飼育水がぬるい。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

水草って難しいと思い知らされた件 20180715

20180715 トリミング中の水草

先日、採取してきた野生の水草をかなり適当に鉢植えして水槽に沈めていたんですが、上から見るとあまりにも不格好だったし、一部茎が透きとおって腐ってたので植え直しました。

でも、昨日、屋外の発泡スチロール水槽の水温が29℃まで上昇してたので、そもそも冷たい湧き水のあるところに生えてた在来種の水草にはキツイ環境なのかもしれません。外気50℃超にもなる焼石に水状態のベランダに置いてる発泡スチロール水槽だからしょうがないかも。

それにしても水草って、改めて手入れが大変だと思い知らされました。他の方が美しく育てている水槽の水草を見ていると、自分にもできるかも!?とやってみたくなるんです。

私にはちょっと無理かも…

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

藍色ミナミヌマエビが獲れたけど… 20180714

20180714 藍色ミナミヌマエビ

今日もかなり濃い青色のミナミヌマエビが獲れました。

ほぼ藍色と言ってもいい体色をしたミナミヌマエビです。

ただし、青い体色のミナミヌマエビが数匹獲れても、その3分の2は1~2日で色が抜けてしまう偽物なんです。残った3分の1の奴らは色が抜けません。また、獲ったときは青色に見えても、いつのまにか緑色になっている偽物もけっこういます。

赤いミナミヌマエビが一番ほしいけど、最近は青いミナミヌマエビも集め始めています。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

水槽壁面の茶苔は除去すべきなんでしょうか!? 20180713

20180713 ミナミヌマエビ水槽の茶苔

ミナミヌマエビの飼育水槽に限っていえば、水槽壁面の茶苔は放置がいいと思います。(当然、正面だけはピカピカに掃除しましょう。)見てくれは悪いですが、茶苔はミナミヌマエビたちのおやつですからね。茶苔があれば、たぶんミナミヌマエビは超速成長するでしょうしね。

それに茶苔も植物なので、光合成して繁殖しています。つまり、茶苔からはわずかに酸素が発せられていることになり、飼育水の溶存酸素濃度を上げてくれているわけです。さらに、ミナミヌマエビにとって有害な硝酸塩も養分として吸収してくれています。

適度な茶苔は、ミナミヌマエビにとっては快適な環境作りの源になっているわけですから、掃除しない方がいいように思えます。

 

今日も「にほんブログ村」でランキングが15位(カテゴリ:シュリンプ)に上昇してる。なんでだろう?

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

アナカリスの飼育水はグリーンウォーターの方が育つかも!? 20180712

20180712 グリーンウォーターでアナカリスが育った

グリーンウォーターでメダカの稚魚を飼育しているんですが、そのグリーンウォーターの入ったタッパー容器に20cmぐらいの短いアナカリスを2本入れておいたら、いつのまにか50cmぐらいに伸びてフサフサと育っちゃいました。いずれ腐って溶けるんだろうなぁ程度に考えていたら逆でしたね。

我が家ではアナカリスは野生のものを採取してきてるんですが、ストックしているバケツでは痩せて細ってきてたんです。本来はバケツに他の水槽の飼育水を入れるべきなんでしょうが、アナカリスのストック分まで飼育水が足りなくて、カルキ抜き水道水のみで維持していたんです。

グリーンウォーターでアナカリスが育つメカニズム?がわかりませんが、これからはバケツの中をグリーンウォーター化し、そこでアナカリスをストックすることに。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

モスみたいな天然苔が活着した石を採取してきた 20180711

20180711 採取してきたカワゴケが活着した天然の苔石にとりつく赤いミナミヌマエビたち

さて、先日の多摩丘陵「鶴見川源流の泉」での水草採取のときの、もうひとつの収穫でもある苔石を紹介します

ウィローモスみたいな苔が活着した石なんですが、川底からボコッって引っこ抜いてきました。苔の活着面積が少ないような気もしますが、天然なので贅沢言ったらキリがない。

我が家の室内水槽に投入した直後、ミナミヌマエビたちが寄ってきてツマツマをはじめました。珍しくてツマツマ始めたのか、それとも石に付着した微生物や苔を食べるためにツマツマ始めたのかわかりませんけどね。

 

さて、ところでこの苔なんでしょうか!?

この苔、ウィローモスに比べて手触りが少しだけゴワゴワして、葉が大きいような気もします。カワゴケかな? たぶん在来種だと思うんですけど、まだ詳しく調べてません。ウィローモスに似ているのですぐに判明するとは思いますが、特定外来種ではないと思います。キレイに成長してくれるといいんですが、湧き水というややひんやりする水が流れる水路にあったもんですから、水温25~27℃の高い水温のミナミヌマエビ水槽では少し不安です。

 

当初、素の石に自分でモスを活着させようとも思ってましたが、ちょうどよい苔石が見つかってよかったです。別の場所でアナカリスを見つけたときもそうですが、水草って意外と泥をかぶっていて見つけにくいんです。良い水草と出会うコツは、とにかく水の中に手をつっこんで、水草がかぶってる泥を流してみることです。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

多摩丘陵「鶴見川源流の泉」側で水草採取してきた 20180710

20180709 鶴見川源流の泉

全長42.5km、横浜市鶴見区の東京湾へと続く一級河川指定の「鶴見川源流の泉」へ、水草を採取しに行ってみました。

鶴見川源流の泉1
水中が別世界のようにキレイな泉です
鶴見川源流の泉2
中心が湧き水です。1日あたり1300トンの地下水が湧いてるらしいです。ここがいちおう鶴見川の源泉とは言われていますが、さらに上流には「源源泉」があります。

鶴見川源流の泉は、保護されているせいか立ち入り禁止となっていて柵もあるので近寄れません。丸い泉の中心は、底から大量に水が湧き出ているのが目視できます。当然ながら水は見ためキレイで水面が反射しているから水中の水草が撮影できませんが、キレイな緑色の水草が繁茂しているのがなんとなく視認できます。当然、泉の水草は採取できませんので、その横を流れる水路で水草を採取することにしました。

鶴見川源流の泉3
右側水路が源源泉へとつながっています(写真手前側が源源泉へと続く上流)
鶴見川源流の泉4
水の透明感がすごくて、7月なのにやや冷たいです。底石には、ウィローモスみたいな苔類の水草が活着しています。
鶴見川源流の泉5
柵の向こうからくる水が鶴見川源流の泉からの水で、横を流れているのが幅50cm程度の鶴見川本流です。水深50cmはあるのですが、底床の砂利まではっきり見えるぐらい透明度があります。
鶴見川源流の泉6
鶴見川最初の落ち込みです。

ただ、水に手を入れてみてわかったのですが、やっぱり水が少し冷たい感じがしました。そうなると、水草を持ち帰っても水温25~28℃の水槽では枯れるかもしれないと頭をよぎりました。正確に測るために水温計をもっていけばよかったと少々後悔も。

とりあえず、「鶴見川源流の泉」側で採った水草は、

↑苔類ですね。ウィローモスに似ています。カワゴケ?

 

↑水中葉ですが、なんでしょうか!?

 

↑侘び草。小さい鉢に赤玉土を入れ、そこに活着させて水槽に沈めようかと。

 

↑これも侘び草。

 

以上です。

 

底石に活着したものも採取してきたんですが、別の日に紹介します。

とにかく採取してきた水草の名称がわからないので、調べた上で詳しく紹介します。

 

私、以前にアクアリウムショップで農薬漬けと知らずにアナカリスを買ってしまい、あやうくミナミヌマエビたちが全滅しかけたことがあったんです。あれから野生の水草を探すようになったのですが、ミネラルしか含まれていない?ような「鶴見川源流の泉」にもけっこういろんな種類の水草が自生してました。

ただ、魚、エビ類、水生昆虫といった水生生物はほとんど見つけられませんでした。貝類だけは確認できたが。なんでだろう!?

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

にほんブログ村でランキング急上昇したけどなんで!? 20180709

当ブログ「ぬまえび三昧」は、「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

参加カテゴリは、「観賞魚」という大カテゴリの中の「シュリンプ」という小カテゴリです。大カテゴリ「観賞魚」には7558サイトが参加し、小カテゴリ「シュリンプ」には1312サイトが参加しているようです。

 

そして、今日現在における当ブログ「ぬまえび三昧」のランキング順位は

大カテゴリ「観賞魚」73位(IN順)

小カテゴリ「シュリンプ」18位(IN順)

になりました。

 

本来当ブログは、小カテゴリ「シュリンプ」ではなく、小カテゴリ「ミナミヌマエビ」に参加すべきなんでしょうが、小カテゴリ「ミナミヌマエビ」はたったの38サイトしか参加していないのでやめました。それだけミナミヌマエビをテーマにしたブログが少ない?レア?ということですね。ミナミヌマエビ人気ないなぁ…

先々週までは小カテゴリ「シュリンプ」で50~100位の間をウロウロしてたんですが、先週後半から急上昇。INポイントが上がったので、Googleでの検索順位でも上がったんでしょうか。それかどっかのまとめサイトで紹介されたか、人気のあるブログで被リンクされたか…。

暇なときにでもGoogle Analyticsで調べてみます。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!

エビ飼育の水草にはウィローモスが一番簡単かも 20180708

20180708 山盛りウィローモス

上の写真は、ウィローモスのストック分です。

イチゴのパックに詰め込んでみました。

昨年12月頃にヤフオク!で購入(税込・送料込で500円)した際は、小さい茶封筒に入ってポスト投函で受け取ったウィローモスだったんですが、もうこんな量になりました。これはストック分なので、他は運転中の水槽にまだたくさんあります。

私はアクアリウム歴1年未満の初心者なので、コツなんかわかりません。とにかく手間をかけずに、なるべく放置で増やしてきました。

  • 水は、半分以上は飼育水を使うこと
  • 2~3週間に1回水換えをすること
  • ほんの少しの生体を入れておくこと
  • できれば発泡スチロール箱に入れること

飼育水には水草の養分になる硝酸塩が含まれていますので、定期的な水換えをおすすめします。ミナミヌマエビをほんの少しだけ入れておきましょう。可能であれば、大きめの発泡スチロール箱を水槽代わりに使いましょう。横からも日光が透過しますので、底の方でも微妙な光合成をしてくれます。

水草ストック水槽に発泡スチロール箱を選ぶメリットは、以下の3点です。

  1. 水温が外気に左右されにくい(水温の安定を保つ)
  2. 横からもわずかな日光が差し込む
  3. 入手しやすい

ウィローモスは、エビやメダカの飼育では使い勝手がいいのでおすすめします。

 

今日もありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑

このボタンを押して応援よろしく!